交通事故の示談交渉の流れ


交通事故が起こってしまうと加害者と被害者によって示談交渉が行われますが、どういったタイミングで交渉を始めたら良いのでしょうか。もちろん、交通事故の度合いによって異なりますが、何よりも大切なことは焦らずに始めるということです。

交通事故が起こったら警察に連絡をして加害者の身元を確認しておきましょう。これによって警察は加害者と被害者に聴取を行い、現場の状況から事故の詳しい記録をして実況見分調書を作成します。そして、加害者は保険会社に連絡をしますが、被害者も車に乗っていたのであれば保険会社に連絡をしてください。そこで被害者がケガをしていたら病院へ行って治療をしましょう。

診断書治療が終わった時点で損害賠償額が確定し、仮に後遺障害が残ってしまったら症状がこれ以上変わらないという時点で症状固定を行い、医師に交通事故後遺障害診断書を作成してもらってから示談交渉を行いましょう。示談交渉が成立したら被害者は加害者から損害賠償金や慰謝料を受け取ります。ここで交渉が決裂してしまうと紛争処理機関や調停、裁判などに及ぶこともあるのです。

また、一度示談交渉が成立すると原則的に交渉のやり直しが出来ません。そのため、示談交渉は慎重に行う必要があるのです。しかし、例外的に追加請求や示談の無効や取り消しが認められることもあります。こちらでは示談交渉のやり直しについて解説をいたしますので、もしもの時に備えて学んでおきましょう。